選択されているタグ : ブランディング

タグを絞り込む : Facebook Web戦略 インターネット広告 セミナー ソーシャルメディア ノベルティ ブログ マーケティング 広告 読書

2012年夏のノベルティ「うちわ」を作成しました


2012年夏のノベルティとして、うちわを制作しました。表面にはひまわりを、裏面にはホームページ制作とWebクリエイター向け勉強会の案内をプリント。暑い夏・節電の夏のお供にぜひご利用ください。

なぜノベルティにうちわを制作したのか

「hamnaly(ハンナリィ)」という屋号で仕事を始めてから、この8月で1年になります。おかげさまで、なんとか2年目を迎えることができそうです。この間、お客さま・同業者・家族…、多くの方に支えていただき、お世話になってきました。せめてもの恩返しとして、何か形のあるものを作りたいと思っていました。8月上旬にかけて、各所で配布いたします。ぜひご利用ください。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

すぐにわかる、粗悪Facebookセミナーの見分け方

最近のWeb活用性セミナーのトレンドはFacebookです。商工会議所などが主催するセミナーは毎月のように開催され、どれも定員を拡大するほど大盛況なようです。私は、理由や対象は何であれ、Webをもっとビジネスに活かしたい、とお考えになる方の応援をしたいと思っています。

他方でなかには「この講師、本当に大丈夫かな」と首をかしげるようなセミナーがあるもの事実です。そこで今日は、Facebookセミナーの質(特に微妙な方)を簡単に見分けるコツを紹介します。

見分け方 : 表記は「Facebook(Fは大文字)」となっていますか

Facebookのブランド情報センターのガイドラインに「文中でFacebookに言及する際、「F」は大文字で表記してください。」とあるとおり、Facebookを「facebook(fを小文字で表記)」と表記するのは誤りです。

「大文字と小文字を間違えたくらい、些細なミス」と思われるかもしれません。しかしこれが「取引先の社名の漢字を間違えた」であったらどうでしょうか。これは大きなミスですよね。

一般の方が「facebook」と誤用するのは無理からぬことです。ロゴを見れば、小文字の"f"としか見えないからです。しかし、我々はプロです。自分たちが扱っている商材(ここではFacebook)について、製品名(サービス名)も正確に表記できない業者(講師)を信頼できるでしょうか?


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

講演「有機化学美術館の13年」を聞いてきました

「有機化学美術館の13年 ~皆様を芸術的な化学の世界へと誘います~」に参加しました

サイエンスライターの佐藤健太郎さんが静岡で公演をするということで、お話を聞きに行ってきました。佐藤健太郎さんは『有機化学美術館へようこそ』『化学物質はなぜ嫌われるのか』『医薬品クライシス』などの著作で知られる方で、有機化学美術館・本館有機化学美術館・分館というサイト・ブログを運営されています(本館は13年!)。

講演は静岡県立大学が主催する「異分野融合フォーラム」の一環として行われている第3回拡大ランチ会として、2011年11月24日に同大学の講堂にて開催されました。同大学には薬学部がありますので、主な聴衆は薬学部の学生でしょうか。見た感じでは200名くらいの方が集まっていたように思います。

サイエンスライターが講演したブログetcのアウトプット


講演内容は2部構成(50分)。前半がご自身のサイト及びブログ運営からサイエンスライターへの転身について、後半が医薬品の2010年問題についてでした。後半の医薬品については門外漢のため内容は割愛しますが、前後半とも誰が聞いても理解できるように平易に咀嚼された内容で、満足度の高い講演であったと思います。

佐藤さんがホームページを開設されのは、1998年12月26日(同サイトより)とのことですので、約13年間運営されていることになります。当時を思い起こしてみると、まだインターネットは普及しているとは言いがたい時代(ヤフーさんがお土産戦術でADSLを普及さたのが2001年〜です)。

開設時こそ、変わったドリンクの試飲コーナーや折り紙など趣味のコーナーもありましたが(今もありますが更新されていません)、次第にコンテンツを有機化学の紹介に収斂していきます。2006年頃からは比重をブログに移しつつ、ブログに移しつつ、現在にいたります。

早い段階で「有機科学美術館」の読者モデルを「理系の大学1年生」に設定し、そのかたがたに興味を持たせ、理解できるような内容および表現をこころがけていたそうです。今では有機化学系の関係者の間では知らない人のいないほどのサイトになっていますし、高名な先生からも激励のメールが届くこともあるそうです。

また、佐藤さんは製薬会社を退職後、サイエンスライターとして執筆活動をされつつ、現在は東京大学の特任助教の職にもついておられます。それについてもホームページの果たした役割は大きいようです。最初の書籍執筆の依頼もホームページを目にした編集者からコンタクトがあったそうですし、東大の職もホームページによって名前が知られていったことが契機になったとのことです。

書籍執筆も、ライターへの転身も、特任助教も、ホームページを運営し続けていたことによる成果であると思います。もちろんご本人にそういった目的がどのくらいあったかは不明です(ほとんどないと思います)。それでもホームページをコツコツ運営していくことの重要性を考える事例になると考えます。結局のところ、やり続けた人だけがチャンスを手にすると言えるでしょう。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

インターネット広告表示の注意点が公表されした

消費者庁からインターネット広告表示の注意点が公表されました

2011年10月28日、消費者庁が「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」を公表しました。インターネット取引で問題となる広告表示を、景品表示法上の問題点及び留意事項としてまとめたものです。短い文書ですのでご一読されることをお勧めします。

フリーミアム

付加サービスも含めて無料と誤認させる表示は不当表示となります。無料で利用できるサービスの具体的内容・範囲を明らかにする必要があるとのことです。具体的には「途中まで無料」「一部時間は無料ではない」などを無料とだけ表記すると問題のある表示となります。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今だからこそブログをはじめる3つの理由


2011年10月6日に公開した当ブログのエントリー「Web屋の言い分、クライアントの言い分」が、1日のアクセスで223PV、43人の方に「いいね!」と高評価をいただきました(その程度?って言わないでくださいね)。それを踏まえて、ブログの意義を「今だからこそブログをはじめる3つの理由」として再検討してみます。

理由1) ブログをやっている人が少なくなった

昨年ぐらいからTwitterが日本でも本格的に普及し、今はFacebookの利用者が急激に増加しています。これはより手軽に情報や感情を表現するツールが広がっていると言えます。この手軽さが「ブログを書く=まとまった文章を書く」というツイートよりも面倒な行為を減らしていると思います。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

プロフィール

矢部 靖人(hamnaly)

いくつかの制作会社でWeb制作やDTPから営業まで経験し、2010年に独立。現在はhamnaly(ハンナリィ)という屋号で、Web制作を中心に地元企業のWeb活用を応援する事業を模索中。理想は高く現実は厳しく、下請け制作を中心に生きています。Knock! Knock! 主催。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ