選択されているタグ : ユーザビリティ

タグを絞り込む : アクセシビリティ

着衣泳体験からユーザビリティを考える

2011年10月10日に三島市民温水プールで行われた「体育の日特別イベント 着衣泳体験」に参加しました(今年はハッピーマンデー化前と同じ10日でしたね)。着衣泳とは服を着たまま泳ぐことです。衣類が濡れるとどのくらい重く泳ぎにくくなるのかを体験し、緊急時の対応について学びました。

着衣泳のここが大変


三島市民温水プール

服を着たまま泳いだのは、おそらく初めてだと思います。衣類が濡れると重くなり、体にまとわりつくようになります。その結果、クロールのように手を水上に出すような動きが非常に大変になります。衣類が水の抵抗を増すためか、なかなか進むことができません。私は泳ぎも上手くありませんが、服を着ているだけでこれほど泳ぎにくくなることには驚きました。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

プロフィール

矢部 靖人(hamnaly)

いくつかの制作会社でWeb制作やDTPから営業まで経験し、2010年に独立。現在はhamnaly(ハンナリィ)という屋号で、Web制作を中心に地元企業のWeb活用を応援する事業を模索中。理想は高く現実は厳しく、下請け制作を中心に生きています。Knock! Knock! 主催。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ