私がa-blog cmsを推す理由

これは、a-blog cms Advent Calendar 2013の、19日目の記事です。

先日、a-blog cmsがメジャーバージョンアップしました。このWebサイトもa-blog cmsで構築されています。そして昨晩はサーバーの移転とCMSのバージョンアップをしました。そう、今日のこのエントリーが、新バージョンでの初めての記事です。

最近たまに聞かれる「今度のページ、Jimdoでできませんか?」

私は個人でWebサイト構築の仕事をしています。お客さまは主に、地元の中小企業・個人商店さん(いづれも家族経営規模)が多いです。その中でも、予算がかなり限られたお客さまには、Jimdoをおすすめしています。そしてjimdoは自分の布教以上のペースで広がっており、前述の「今度のページ、Jimdoでできませんか?」とお客さまからリクエストがでたりします。

Jimdoはよくできたサービスです。10ページ程度のWebサイトで、会社案内や製品・サービスの案内を掲載する場合、特に困ることもなく構築できます。また、操作が非常に直感的で、変更したい部分をクリックすればその場で変更できます。ユーザーが増えるのも納得です。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

【注意】Jimdo→他社サーバーへドメイン移転すると、メールアカウントが自動消去されます

仕事でドメイン移管手続きの代行をしたときに、どうにも困った状況が発生したのでシェアします。

与件 : Jimdoで取得したドメイン(.com)を他社に移管(管理事業者の変更)

Jimdoで運用していたサイトについて、リニューアルを機に他社サーバーで運用することになりました。そのWebサイトのドメインはJimdoで取得したものなので、ドメイン管理業者を他社に変更します(移管とか転出と呼ばれます)。なお、JimdoではWebサイトとともに、独自ドメインでのメールも運用していました。

ドメイン移管の自体は何の問題もなく進みました。手続きとしては、Jimdoへの申請→Jimdoからの返信→転出先への申請→レジストラからの確認→承認といった感じです。移管が完了した後に、移管先でDNSサーバの変更を行い、サイトリニューアルが完了するはずでした。

トラブル発生 : 移管は完了、DNSサーバーはJimdoのままなのに、メールが使用できない

前述のとおり、移管手続きは順調に進みました。Whoisで確認したところ、レジストラも変更されたようです。もちろんDNSサーバーの切り替えはまだです(JimdoのDNSサーバーが指定されています)。ですが、お客様から「突然メールが使えなくなった」との連絡を受けます。

もちろんサーバー移転の常として、新旧サーバー(移転先とJimdo)の契約期間については、移行に十分な重複期間をもたせています(約1ヶ月)。ですので、Jimdoの契約終了、と言うことはありえません。実際に当該ドメインでのWebサイトへのアクセスは可能でした。

そこから取り急ぎJimdoに問い合わせ(メール)、移管先にも問い合わせ(電話)と対応しました。ここで私どものミスを指摘します。この変更作業を3連休前の金曜日に行なっていました。つまり、何かあってもJimdo及び移転先サーバー会社の対応は「連休明け」という状況。これが事態を悪化させたことは明らかです。

さて、Jimdoはメール対応のみですので、返信まで若干時間がかかります(連休云々は関係なく)。一方、移転先サーバー会社は、サポートの電話は繋がっても、肝心のドメイン移管の対応はやはり連休明け。結局事態は変わらないまま連休が明け、DNSサーバーの切り替え作業を迎えることとなりました。

原因 : ドメインを転出するとメールアカウントが消去されるというJimdoの仕様

その後、Jimdoからは「メールアカウントが登録されていない」との連絡を受けます。ここにきて始めて「メールアカウントが消失している」という状況を把握します。しかし、それまで使えていたメールアカウントがなぜ消失したかは謎のままです。

こちらもお客様に説明しなければならないので、Jimdoには原因究明を依頼していました。その報告として、「ドメイン移管が完了すると、メールアカウントを消去する仕様」だそうです(「ありえない」と思える仕様ですが、開発元のドイツではそれが常識かもしれません…わかりませんが)。以下、報告の引用。

お世話になります。JimdoJapanサポートチームです。
平素よりJimdoをご利用いただき、ありがとうございます。

ご連絡の件、ご返信が遅れておりますこと深くお詫び申し上げます。

本件、開発元に確認をしたところ、
ドメイン移管完了時に自動的にメールアカウントが削除される
形となっているとの事でございました。ご迷惑をおかけしたこと深くお詫び申しあげます。

ドメイン移管を行うと、移管先によっていは自動的にネームサーバーが
切り替わるケースがあり、その場合は、Jimdo側ではメールアドレスが
ご利用いただけないため、その状態でメールアカウントが存在すると、
予期せぬ不具合がおきたり、また、メールサービスのプロバイダー側の
Rackspace社側でサーバー操作に不具合が起きる可能性があるための処置となっているとの事でございます。

サポートチームの認識不足より通知が無かったこと、
お客様の大切なホームページ、メールアドレスを担う通信事業者であるにもかかわらず、
このような事態を招きましたことを深く反省し、改めて心よりお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

お客様に快適な環境をご提供できるようスタッフ一同、努力する所存でございますので、
今後ともJimdoをお引き立ていただきますよう、謹んで御願い申し上げます。

結論 : Jimdoからドメインの転出をすると、メールアカウントが消去されるので注意

対策としては、下記のいずれかでしょうか。
1)移管完了後、速やかにDNSサーバを切り替える(新サーバーに移行する)
2)Jimdoでメールアカウントの再登録をする

というか、jimdo(みんビズ)を利用する際は、ドメインは他社で取得するのがいいと思います。
あまりフォローにもなりませんが、仕様を理解して自己責任で使うのには、非常に優れたサービスです。仕事でも案件によってはオススメしています。Jimdo(みんビズ)をご検討中の方は、ぜひご相談ください。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

a-blog cmsのサブドメイン拡張ライセンス設定

このサイトはa-blog cmsを利用して構築されています。ブログを増やすにあたり、a-blog cmsのサブドメイン拡張ライセンスの設定をしたので、設定方法をシェアします。

a-blog cmsのサブドメイン拡張ライセンス

a-blog cmsのサブドメイン拡張ライセンスは、「メインでライセンスを登録するドメイン以外で、個々のブログに対して、メインドメインのサブドメインを設定できるライセンス」です。

通常のライセンスは、「hoge.com」など一つのドメインでのみ利用できる形態です。この場合「hoge.com」と「www.hoge.com」や「aaa.hoge.com」は別ドメイン扱いになり、a-blog cmsに登録したものでしか利用できません。サブドメイン拡張ライセンスを導入すると、「hoge.com」も「www.hoge.com」も「aaa.hoge.com」でもa-blog cmsで運用できるようになります。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

みんビズ(Jimdo)のメールフォームの注意点

みんビズ(Jimdo)のメールフォームはカスタマイズできない

Jimdoは簡単・安価にホームページが作成できるツールとして人気があります。2011年9月に発表された「みんなのビジネスオンライン(みんビズ)」のホームページ作成エンジンにも採用されています。このサービスではメールフォーム(メールでのお問い合わせ)も簡単に作成できます。しかし、簡単さが優先されているためか、カスタマイズできないという問題点があります。

注意1)デフォルトの6セットから選択する以外の変更ができない

みんビズ(Jimdo)ではあらかじめ6種類の入力項目セット(「氏名、メールアドレス、メッセージ 」「氏名、メールアドレス、電話番号、メッセージ」「氏名、 会社名、 メールアドレス、 電話番号、メッセージ」「すべての入力項目とメッセージ」「問い合わせ用」「予約フォーム」)が用意されています。6セットとも実用的なセットになっているので、この中から選ぶだけでも実用上困らないことも多いです。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

CSS : z-indexとposition

ホームページ作成者仲間からのヘルプで、CSSの調整をしましたのでその内容をまとめてみようと思います。調整内容としては、パーツの重なり順が思いどおりにならない、といったことでした。(ここでいうパーツは、専門的に言うところのブロックレベル要素)

パーツの重なり順の原則

まず、HTMLにおける重なり順を確認します。ホームページでは基本的な重なり順は「HTMLの記述の順に下から上に重なる」です。先に登場したパーツほど下に、後から登場したものほど上に重なります。

さて、HTMLでパーツが重なる状態が起こるのかといえば、原則は重なることはないです。HTML単体ではないのですが、見た目をコントロールするCSSを使うことで可能になります。ですので、重なり順のコントロールはCSSを上手く使うということでもあります。

完成図と実際の工程


CSS未設定の初期状態

左図がHTMLのみを記述した状態(サンプルファイル : sample.html)、右が完成図です。HTMLの記述順は黄色のエリア → ピンクのエリアとなっています。これを黄色のエリアとピンクのエリアを重ねあわせ、さらに黄色をピンクの上にもってきます。


Step 1)ピンクのエリアを移動する


ピンクのエリアを移動

ピンクのエリアを黄色のエリアと重なり合うように移動させます。ここでは上部余白をコントロールするCSSであるmargin-topプロパティを利用します。余白というと正の数(プラス)と思いますが、実は負の数(マイナス)を指定することもできます。マイナスの余白とは余白がなくなり詰まっていく状態となります。

サンプルファイル : sample_step1.html


Step 2)黄色のエリアの重なり順を調整する


黄色の重なり順を上に

ピンクのエリアを移動しただけでは、重なり順でピンクが黄色の上にきてしまいます。そこで黄色の重なり順を変更するためにCSSのz-indexプロパティを指定します。z-indexプロパティは値が大きいほど上になります。

しかしz-indexを指定しただけでは重なり順が変更されません。重なり順を指定するためには、エリア(ボックス要素)の配置方法を指定するpositionプロパティとセットで指定する必要があります。ここでは、position:relative(相対配置)を指定します。

サンプルファイル : sample_step2.html

OS/ブラウザのバージョンと互換性の問題

これで調整できたのできたのですが、さらに新たな問題が発生しました。私のところではOKなのですが、知人の環境ではNGだというのです。画面コピーで確認したところ、私はWindows VistaのInternet Explorer 7で、友人はWindows XPのInternet Explorer 7で見ていました。むむむ、想定外です。

問題はpositionとz-indexを指定した黄色のエリアが、画面の左端まで移動しているというものでした。これは、黄色いエリアを囲んでいる一つ上の入れ物(親要素)にもposition:relativeを指定すると解決します。CSSのpositionプロパティには特定のブラウザでは挙動が怪しいものがあり、それに該当したのかもしれません。

CSSという難解なパズル

現在のところCSSを利用することでホームページをレイアウトし装飾することができます。このCSSは難解なパズルのようなところがあります。組み合わせによって効果が変りますし、時に予期しない挙動をすることもあります。これには前述のような、OSとブラウザの組み合わせによっても出現したりしなかったりです。

同業者の方も含めまして、CSSでお悩みのことがありましたらご一報ください。可能な限り、パズルの解決をお手伝いいたします。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

プロフィール

矢部 靖人(hamnaly)

いくつかの制作会社でWeb制作やDTPから営業まで経験し、2010年に独立。現在はhamnaly(ハンナリィ)という屋号で、Web制作を中心に地元企業のWeb活用を応援する事業を模索中。理想は高く現実は厳しく、下請け制作を中心に生きています。Knock! Knock! 主催。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ