選択されているタグ : マーケティング

タグを絞り込む : Facebook WebSig24/7 Web戦略 インターネット広告 セミナー ソーシャルメディア ブランディング ホームページ作成 マネタイズ 広告 情報デザイン 集客

talknote Vol.5に参加しました


2012年6月30日に静岡市で開催された、「TalkNote Vol.5」に参加しました。TalkNoteは富士市でWeb制作をしているデータファームの勝又さんが主催しているセミナー/勉強会です。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Facebook Power Session 2012に参加しました

著者の皆さんが整列


2012年7月7日に東京で開催された、「Facebook Power Session 2012」に参加しました。このセミナーは、2012年7月発売の『Facebookマーケティング プロフェッショナルガイド』『Facebookデザイン プロフェッショナルガイド』の刊行を記念して、両本の執筆者が講師を務めたものです。

Facebookページは、企業の広告・広報活動のなかでも旬なテーマだと思います。地元の静岡県東部でも、中小・零細企業向けのFacebookページ活用講座が盛んに開催されています。反面で、話題ばかりが先行し、内容の伴わないセミナーもあり、この機会にしっかりと学ぶ機会をと思い参加しました。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

第29回WebSig会議に参加しました

2012年3月3日(土)にシナジーカフェ GMO Yours(東京都渋谷区)で開催された第29回WebSig会議『効率化だけではない!中小~中堅ECサイトの成果を上げる「メディア編集力」とは』に参加しました。今回は青木 耕平さん(クラシコム)さんが実践するECサイト運営を「ECサイトのメディア化」という切り口からお話しいただきしました。


第1部 : セミナー「クラシコムのノウハウ大公開!」


ECコンセプトマトリックス

WebSig24/7 サイトより

青木さんのお話は、ご自身が「弱者の戦略」とおっしゃるように、中小の独立ECサイトが楽天市場やAmazonのような大手モール/大規模サイトのスキマでどう勝ち残りを狙うかというのがテーマでした。さらに言えば、商品力よりも「売り方」で差別化を狙うという方法論です。(右図のグレー部分、コンテンツドリブンという部分の戦略)

また「まだ成功していない」「消去法で残った方法論」「楽天市場から撤退できた」とおっしゃることも見逃せないと思います。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「素人でも低予算で改善できるホームページの短期リニューアル講座」に参加しました。

2011年11月10日(木)に静岡市産学交流センターで行われたセミナー「素人でも低予算で改善できるホームページの短期リニューアル講座」に参加しました。平成23年度 B-nestマーケティング支援講座の1コマとして、経営コンサルタントの竹内謙礼さん(有限会社いろは代表取締役)を迎えて開催されました。

ホームページで効果をだすために


今回のセミナーはホームページリニューアルを中心に、根本的なホームページ運営の考え方についてのセミナーでした。ホームページの目的は利益に貢献することです。つまり、売上アップの施策かコストダウンできる施策以外は意味が無いという観点から、売上アップ/コストダウンの根拠・見通しの検討法やリニューアルの方法論が説明されました。とは言え「これだけやれば大丈夫」とか「素人でも簡単にできる」というような必勝法的な話はなく、結局は地道に努力するのが1番の近道という印象を受けました。

最初に検討するべきポイントとして、ホームページの方法論以前にインターネットビジネスが成立しやすいものとそうでないものの切り分けが重要と説きます。インターネットはヤフーやGoogleなど検索サイトでキーワード検索して情報(ホームページ)を探します。つまり、検索されない商材はインターネットビジネスに向いていないということです。もちろんロングテールと言われる個々のボリュームは多くないニッチな市場を狙う戦略もありますが、中小企業が進出するには投資に利益が見合わない場合が多いようです。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

『なぜ、あのお店はいつも「常連さん」でいっぱいなのか』を読みました

ケータイメール(メルマガ)での販促


本書はケータイメール(メルマガ)での販促活動についての本です。本文中にも書かれていることですが、売上アップの方法は「客数を増やす」「客単価を上げる」「購入(来店)頻度を上げる」の組み合わせと言われます。ケータイメルマガによって購入(来店)頻度を上げるのが本書の趣旨です。

先日紹介した『代理店まかせにしない集客広告のノウハウ』では「客数を増やす」ことに焦点をあてた本でした。新規客の獲得には、不特定多数に訴求する必要があるため、大きなコスト(特に費用)が必要です。それに対し、既存客を優良リピーターに育てる「購入頻度を上げる」施策は仕組みを用意すれば比較的安価に継続可能です。後者では費用をかけるよりも工夫をこらすことで、効果アップが見込めることが紹介されています。


このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

プロフィール

矢部 靖人(hamnaly)

いくつかの制作会社でWeb制作やDTPから営業まで経験し、2010年に独立。現在はhamnaly(ハンナリィ)という屋号で、Web制作を中心に地元企業のWeb活用を応援する事業を模索中。理想は高く現実は厳しく、下請け制作を中心に生きています。Knock! Knock! 主催。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ